ドラゴン・ストラテジーFX【経済指標の勝ち方】

こんちゃす❗️❗️💝✨

ミセス🌍ワタナベです😬😬

こんかいはドラゴン・ストラテジーFXで、自分のだいすきな経済指標を攻略するための方法を解説していこうと思います😁✨しょうじき、経済指標のトレードができるようになれば、ふつうのトレードじゃ物足りなくなるほど、お宝(ボーナス)がもらえたりします!!😋


❗❗あったりまえですねっ❗❗

それだけ動きがあるイベントなので😂❤️

ひとによっては、「経済指標のときは危ないからトレードを避けている🐕🐾」ということもあるかもしれませんが、じぶんから言わせたら、もったいねぇぇ😭😭💖となるわけです。

たしかに、経済指標だけでなく相場の流れが
わかりづらいときは、トレードを見送るべきです🍦💘💘

ですが、そのぶん経済指標はトレンド発生のニュース・発言があり、
きちんと狙えば利益がおおきくボーナスタイムになります👀🍒💭


💡それに毎週チャンスはあるし💡

もちろん、いつもと同じようにトレードをして
戦っていけるのか❓❓❗といえばそんなこともなく。

経済指標にはその戦い方があります。


⭐一回のトレードでなんかい分もの
利益を狙うことだってできてしまいます⭐

ぜひ、指標トレードをマスターして、
ドラストFXをじぶんのものにしてください🎁♥️

⚔🛡経済指標ランキング🛡⚔

毎日いろんな経済ニュースがあって、
指標があるのですが、すべてで
値動きがあるわけじゃありません➰🔆⤴️⤴️

できればピンポイントで動きときだけ狙って、
効率よく資金を増やしていきたいですよね👸🎀👸

世界にはいろんな通貨がありますが、そのなかでも多くトレードされているのが、「米ドル」「ユーロ」「円」この3つです🦋 これらの通貨は「世界三大通貨」で、FXをやっていくうえでのアクティブ通貨なのです😌😌💭


🎌日本円ばんざーーい 🤗💰💸

ということで、経済指標を使ってトレードを
していくならこれらの指標を狙っていくのが
いちばんベストですよね👌😎(値が動くから。)

アメリカ(米ドル)

さきほども言いましたが、世界の通貨でいちばん、
影響力のある通貨が「米ドル」です💪😁🎌💕

いまでも、米ドルの信用性は世界一なので、
アメリカのニュースはFX界(為替全体)に
影響力があるのです⚡️🦄⚡️

米・雇用統計

■発表時:毎月第一金曜日

■発表時間:夏時間21:30(夏時間)22:30(冬時間)

■ボラティリティ:40~200pips

FX界でこの雇用統計は、「💠月にいちどのイベント💠」と言われるほど、世界中のトレーダーが意識をして、注目度のたかい経済指標です☺️☺️

動くときは、+200pipsですからね💡
たまりませんねぇ😂❤️

💎💎もし、ドラストFXの矢印で
二つポジションを持っていたら、
+400pipsになってしまいますね😂😂
(3つなら+600pips✨)

そのなかでも、「非農業部門雇用者数」と「失業率」は世界のトレーダーが狙っている数字であり、為替相場に与えるインパクトは💥大💥なのでございます✌😎✌しょうじきこの数字で自分らの生活でどうなることはありませんが、FXをしていたら間違いなく、お宝(ボーナス)になる瞬間なのです🙆💗

雇用統計のときは、平均で約40pipsほど
動くことが多いです😎✨(すくなくとも🎱)

そして予想していた数字よりも、乖離していたり、
前月分の修正幅がおおきいと100pips前後動きます。

ドラゴン・ストラテジーFXのいいところは、こういったときにエントリーサイン(矢印)が
でてくれることです💨😝💓💓ふつうのトレーダーが裁量(スキル)でトレードしているときに、自分らは、ドラゴンアローズを使って有利にエントリーできるということです🌹💗✨


💜すご〜〜くに有利なのです🙆🍃🍃

ただ経済指標のむずかしいところは、うまく矢印でエントリーしたとしても、振れ幅がおおきいので、ヒゲで損切りにあってしまうことも多いです❗️❌❌🎀❌❌❗️これは、市場参加者がおおいので、振れ幅が大きくなるためです💃💄

なので経済指標のトレードのときは、
いつもよりロット数を落とすこと。

損切りをいつもより深めにしてください❗️
(ヒゲにやられないためです⚠️🐸⚠️…🗿)

FOMC議事録公表

■発表日:政策決定日の3週間後

■発表時間:夏時間3:00(夏時間)4:00(冬時間)

■ボラティリティ:10~50pips

新規失業保険申請件数

■発表日:毎週木曜日

■発表時間:夏時間21:30(夏時間)22:30(冬時間)

■ボラティリティ:10~50pips

ADP雇用統計

■発表日:毎月第一水曜日(雇用統計の2日前)

■発表時間:夏時間21:15(夏時間)22:15(冬時間)

■ボラティリティ:10~40pips

ADP雇用統計のときは、さきほどの「雇用統計」とトレードの方法が違って、「前月よりも強い❓弱い🙄❓」ではなくて、「予想値よりもいいか・悪いか」で判断するようにしてください🤘😎🤘

ADP雇用統計の結果がいいと、雇用統計も
予想よりよくなる可能性が高いです🐰💛💛

ADP雇用統計🆙
ADP雇用統計と雇用統計が為替市場に与える影響はちがうので、ADP雇用統計だけの結果を見て、雇用統計の動きをそのまま予想はできません❌🙅❌ダメあくまで参考にするていどです👑🎌

日本(円)

ぼくらのふだん使っている円も
為替市場では影響がおおきいです👊😁

なぜなら、世界で取引されている通貨 なので ✨💸💸✨🎌にほん🎌の経済もそれだけ注目をされているということですね🙆👌👍

(日本を対象にした通貨はクロス円といいます🔆)

日銀金融政策決定会合

■発表日:毎月1~2回

■発表時間:11:00~15:00

■ボラティリティ:10~40pips

にほんの経済指標で為替市場に影響を与えるのはおおくないのですが、「日銀金融政策決定会合」は影響力がおおきいです⚡️💰💸💭✨⚡️いまでも、黒田日銀総裁の会見は注目度が高いということですね🙈💓💜

黒田バズーカ🆙
2013年4月4日・2014年10月31日には、「黒田バズーカ」といわれるほどの円安相場の発端になることがありました🐔✨発表時間がはやいときは現状維持、遅いときはなにかしらの、サプライズがあると言われています🍃(これだけにかぎらず、日銀総裁はクロス円に影響を与えます🗣ꉂꉂ📣)

日銀短観(業況判断・先行き)

■発表日:4・7・10・12月

■発表時間:8:50

■ボラティリティ:10~40pips

完全失業率・有効求人倍率

■発表日:月末・月初

■発表時間:8:30

■ボラティリティ:10~40pips

ユーロ(対ユーロ)

ユーロ圏は国ごとに経済指標がありますが、
ユーロ全体での指標も発表されます💗💉💊💜

🔔ユーロを導入している国は17カ国あります🔔
(ドイツ・フランス・イタリア・オランダ・ポルトガル・スペイン・ギリシャ・アイルランド・ベルギー・オーストリア・キプロス・エストニア・フィンランド・ルクセンブルク・マルタ・スロバキア・スロベニア)

ユーロ全体の指標はユーロ円やユーロドルに影響を与えるのですが、為替レートに影響を与えるという意味では、ドイツの指標も重要です😊☺ユーロで積極的にトレードをしているなら、ユーロの指標+ドイツの指標を見ておくようにしましょう🙆👌👍

ECB政策金利発表・ECB総裁記者会見

■発表日:毎月1回

■発表時間:21:00前後

■ボラティリティ:10pips~20pips

それほど大きく動くことはないのですが、そのなかでもユーロ圏でいちばん注目される指標が、ECB(欧州中央銀行)の政策金利発表です🇺🇸🇬🇧✈️いわゆる物価の「インフレ率」の目標を発表するときです🐸🍃

インフレ率が高いと、ユーロ高になります。

インフレ率が低いと、ユーロ安になります。

ドイツ・IFO景況指数・ZEW景況感指数

■発表日:毎月下旬

■発表時間:17:00(夏時間)18:00(冬時間)

■ボラティリティ:10~40pips

ドイツ・GDP・国内総生産

■発表日:2・5・8・11月中旬

■発表時間:15:00(夏時間)16:00(冬時間)

■ボラティリティ:10~40pips

ユーロ圏のなかでも、ドイツのGDPは全体の30%を占めているので、ドイツの景気が影響を与えているんですねえ📣😄💨👒ドイツさすがです😎🌴ということで、見逃さないようにしましょう🐢💨💨

⚔🛡経済指標のスプレッド🛡⚔

スプレッドはかんたんに言っちゃうと、
証券会社に払う手数料のことです😇👏

このスプレッドは買値(Bid)・売値(Ask)の差で決まります💡日本の証券はスプレッドが狭く、海外の証券はスプレッドおおきい傾向にあります🐻🍒ただ、注意しておきたいのが、
おなじ証券会社でも、トレードする時間・経済発表のときは広がることがあります😌😌💭

スプレッドが広がる瞬間

1⃣.経済指標発表後

2⃣.おおきな政策発表後

3⃣.〇〇ショック、〇〇危機

4⃣.天変地異(天災など)

5⃣.流動性の低い時間

さいしょにお伝えした、アメリカの経済指標は、
直前になると数十pipsの手数料がかかることがあります🔥😖🔥

例)0.3銭(3pips)のスプレッド🆙

🔷1万通貨単位(0.1ロット)30円の手数料

🔷100万単位(10ロット)3000円の手数料

⚔🛡経済指標の戦い方🛡⚔

ドラゴン・ストラテジーFXの矢印(ドラゴンアローズ)は、経済指標のときも関係なくでてきてくれます🚀🚀(一定の条件を満たしたときにチャンスサインがでるということ。)

💡経済指標の戦い方は3つあります💡

【1】発表まえから小矢印が出現、
発表後もポジション保有で利益になるパターン🔰

【2】発表直後に大矢印と小さな矢印が出現、
ドラゴンバンドの外に平均足がでるパターン🔰

【3】大矢印と小矢印が入り乱れるパターン🔰

【1】つ目の勝ち方

<USD/JPY>(5分足)

このときは相場に方向感があるので、
矢印とおなじように動いていきます🐰💛💛

とくに難しいこともなく、ドラゴンアローズとおなじようにエントリーをしていけば、利益がだせるというボーナスチャンスなのです🌼🌼💓(じぶんはおおきくヒゲをつけたところで決済をしますが、タイミングがわからなければドラゴンバンドのなかに平均足が入ってきたら決済をしてください🎱🏃💨ながく持つことはNGです❗️❗️)

このときは発表直後に動くので、
スピードが「いのち」になります🏃💨💨💨

あとからエントリーしてもうまく利益を
だせないので、ほかのチャンスを待ちましょう🎩✨

損切りは直近安値の谷のところです。
(やや深めにしておきましょう🙆🔔)

【2】つ目の勝ち方

<USD/JPY>(5分足)

大矢印と小さな矢印がどうじにでたときは、
すぐにエントリーをしてください😳💥

いつもとおなじように、ドラゴンバンドのなかに入って決済か、ドラゴンメーターの勢いが強いときはドラゴンバンドの真ん中のラインを入ってきたときに決済をします🐸🍃

👑むずかしくない🙆💯

【3】つ目の勝ち方

<USD/JPY>(5分足)

エントリーのまえに買いの矢印がでています。

このように大矢印が入り乱れるのは、
指標の結果が期待値とずれたときに起こります💘

大矢印の出現だけでエントリーは基本的にNGなので、
小さな矢印がでるまで待ちましょう🙆✨✨

⚔🛡決済ポイント🛡⚔

じぶんは指標トレードでいちばん気をつけているのが、
決済を早めにしておくということです🙄🌀

どうしても指標のトレードは動きがいいので、
利益を引っぱりたくなりますが、
そこは感情を抑えてタイミングを逃さないことです☀👒

たとえば、トータルで+100pips獲れるとします。

そしたら+80pipsくらいで抑えておきましょう🚀


あと+20pipsが😱😱❗️❗️
と思いますが、相場の状況によっては、利益が+20pips・+5pipsくらいに一気にへってしまう可能性があります⚠️🐸⚠️…🗿なので、あまりむりをしないで、「❗頭と尻尾はくれてやる❗」このぐらいに考えてトレードをするようにしてください🦄🌹

こうやって決めておけば気持ちもらくです。

+100pips獲ろうとすると失敗したときの
ダメージがおおきくなってしまいます🐇🐇

そうならないためにも、高値・安値の
ヒゲで決済をするようにしましょう➰🔆⤴️⤴️

平均足でもいいのですが、瞬間的な戦いなので、
タイミングはむずかしいですが、ヒゲで決済。
これを意識してトレードをしてください❥❥❥🐟🌟

⚔🛡損切りの注意事項🛡⚔

経済指標のトレードでは、
損切りをどこに入れるか😑❓

これがだいじになってきます😎🌴☀

注目度のたかい経済指標は、長いヒゲをつけて、直近高値・安値まで深く戻してからトレンド方向に伸びていくことがあるからです🙆🔔🔔なので、いつもよりほんの少し損切りラインを深めにしてください🐸🍃

このとき、ロット数(枚数)もいつもより
へらしてトレードしていきましょう💃💄✨

ロット数をへらしてもいつもより大きく
pipsを増やせるので問題ありません💉💜


ダメージも抑えられます!!🤕🤕🤕

⚔🛡まとめ🛡⚔

通常のトレードであれば見立て(どう動くのか)を考えて、
予想しながらエントリーをしていきますが、指標のトレードは
そういったことをまったくしていません❥❥❥🐟🌟

ただ波に乗るだけ🌊🏄🌊

ほんとうにこれだけです。

じぶんのトレードは⚠️🐸⚠️…🗿

ですがそのぶん、損切りの幅を変えてみたり、
決済のタイミングを逃さないように、
慎重にトレードをしています🙄🌀

これはいつものトレードと違うので、
なんどもやって慣れていくしかありません🐰❤

ただ、ドラストFX初心者さんでも勝っているので
ちょっと練習をすればできるようになりますよ☠️㊙️☠️

特典つきのドラストFXレビューはこちら👇👇👇

こんちゃす❗️❗️💝✨ ミセス🌍ワタナベです😬😬 じぶんが使っている『ドラストFX』に ついてレビューをしてみます💪🎌😁✨ ...

ご購入前の質問・相談はこちらからどうぞ🎁♥️

ほんじゃーねん👋☺💗

トップへ戻る