【最新版】ぷーさん式輝 バージョンアップ情報と新旧の比較まとめ

2013年12月に販売された、トレンドフォロー教材『ぷーさん式 輝』というFX教材がある。

それが、2018年にコンテンツが一新されバージョンアップされた。以前に買っていた人は、無料で新しい物をもらえるという、太っ腹なバージョンップ内容だった。

以前のトレードが使えなくなったとかではなく、”より良い方法”に変えたという印象だ。そこで今回は、新しくなったコンテンツと以前のものを比べて、どこが変わったのか?どういうトレードになったのか?というのを、具体的に解説していく。

ぷーさん式 輝を、未だに4時間足のスイングトレードと思っている方もいるみたいだが、それは過去のコンテンツの話で、現在は1時間足をメインに使ったコンテンツになっている。

新旧を比較するので、気になっている方は参考にして欲しい。

1.(新旧)ぷーさん式 輝のコンテンツ内容

ぷーさん式 輝では、本編のトレードコンテンツの他に、FX基礎動画もあるが、どちらもバージョンアップと同時に新しくなった。それぞれ、どのようにコンテンツ内容が変わったのか、見ていこう。

コンテンツは、大きく3つに分かれている。

  • 基礎動画マニュアル
  • 本編コンテンツ
  • チャート画像

1-1.2014年verの古いコンテンツ

1-1-1.基礎動画マニュアル

  • 大衆心理からの脱却!
  • 2点目と5点目を狙え!
  • 王道チャートパターン
  • エントリーと利確の方法
  • 水平線を引く方法
  • スイングでの収益の上げ方
  • チャートを読み取るロウソク足
  • 勝率と報酬比率
  • メンターと仲間
  • 資金管理と勝ち組の行動

1-1-2.本編動画マニュアル

  • はじめに
  • エントリー方法
  • エントリーすべきところ完全版
  • 生徒さん達 エントリー
  • 負けてもいい場面
  • デイトレ
  • デイトレとスイングする時
  • トレーリングストップ
  • ショートの取り方
  • ユーロ円 2003年
  • 最後に

1-1-3.チャート画像

  • エントリーすべきところ
  • ショートの取り方
  • トレーリングストップ
  • パワポ 画像
  • ユーロ円 チャート
  • 生徒さん達エントリー
  • 負けてもいい場面

1-2.2018年最新版のコンテンツ

1-2-1.基礎から学ぶトレード講座

  • 最重要の基礎知識
  • ダウ理論
  • 水平線の引き方
  • 王道チャートパターン
  • 勝率と報酬比率
  • 損切りと利確
  • 資金管理と勝ち組の行動
  • メンターと仲間

1-2-2.最新動画マニュアル

  • 輝 2018version
  • トレンド転換と優位性
  • 2番煎じ、3番煎じと初動の違い
  • 具体的なエントリー方法
  • 報酬比率別メリット・デメリット
  • 実際に計算してみよう!
  • 転換場面を60通り見てみよう!
  • 最終奥義トレーダーの心得

1-2-3.チャート画像

  • 2番煎じ、3番煎じ
  • 転換画像

2.バージョンアップで変わったこと

次に、新しい2018年バージョンで何が変わったのか?ということを見ていこう。コンテンツの量や、トレードの基本的な部分は変わっていないが、勝率だったり、時間足に変化がある。

それぞれ解説をしていく。

2-1.メインの時間足が1時間にチェンジ!

ぷーさん式 輝1時間足

大きく変わったのが、メインのトレードする時間足が4時間足から、1時間足に変わった所だろう。ぷーさん式 輝のトレードは、マルチタイム分析をせず、単一時間足でのみで、トレードをしていく。つまり、4時間足をメインで使うなら、必然的にスイングトレードになる。

4時間足なら、4時間に1本しかローソク足が確定しないので、かなりゆったり派のトレードスタイルだった。

たが、バージョンアップした方では、メイントレードが1時間足になり、トレード回数も増え、ストップ・リミットまでの時間も短くなった。さらに、トレード回数が多いということで、キレイな形だけに絞りやすくなった所もポイントだろう。

当然だが、1時間足のチャートということは、1時間に1本ローソク動くので、4時間足よりも動きが早くなる。4時間足トレードは完全なスイングトレードだったが、1時間足になったことで、デイトレ気味の、セミスイングになったと言えるだろう。

2-2.リスクリワード(報酬比率)1:1

新バージョンでは、報酬比率も大きく変わった。

以前は、リスクリワード重視で、1:3(損切り:利益)以上というスタイルだったが、今回では、1:1(損切り:利益)という報酬比率になった。これによって、エントリーする際に、あまり引きつけなくてよくなった事と、損切りに幅を持たせることが出来るようになった。

4時間足を使って、報酬比率を良くしようとすると、かなり引きつけてエントリーする必要があるので、指値にかからず、そのままローソク足が進んでしまう事があるが、引きつけなくていいなら、エントリーできる確率が高まる。

4時間足は、ただでさえトレード数が少ないのに、指値にかからず、さらにトレード回数が減ってしまう。

これを報酬比率1:1にすることによって、単純にトレード回数が増える。

2-3.勝率は、60%前後を狙うスタイル

報酬比率を変える事で、勝率は必然的に上がっていく。

ぷーさん式 輝は、目標のゴールが勝率60%だ。私が検証した『ぷーさん式輝の検証|(AUDUSD)10年分トレード全公開』でも、勝率66%の数字が出た。

ぷーさん式 輝に限らず、FXトレードにおいて、報酬比率1:1の勝率60%というのは、物凄い数字であって、目指すべきゴールになる。これ以上の勝率を狙っていこうとすると、本当に良いポイントだけを待ってトレードをするとか、ストップを入れない手法とか、危ない方にいってしまう。

そういう事はせず、報酬比率1:1なら、勝率60%を目指そう。

!注

報酬比率に正解はない。1:1が合う人も居れば、1:3(損失:利益)にして、勝率を落とした方が合う人もいる。こればかりは、個人の好みが分かれる所なので、ご自身で1番パフォーマンスが安定するバランスを見つけよう。リスクリワード1:1は、初心者向けになる。

2-4.Forex Tester2で実践向け解説に変わった

ぷーさん式 輝トレードチャート画像

今回の新バージョンで解説方法にも変更点があり、実際のトレードをどんな感じでやっていくのか、『Forex Tester2』で動かしている所にある。なので単純に、トレードイメージがし易くなったと言えるだろう。

以前のバージョンでは、過去チャートを使っての解説がほとんどで、イメージを掴みにくかったかもしれないが、Forex Tester2でチャートを動かして解説をすることで、「自分にも同じようなトレードが出来るんじゃないか?」という気持ちが大きくなるだろう。

2-5.ロングのみに特化したトレードに変更

今回から、ショートエントリーがなくなって、ロングだけのトレード解説になった。

これには、賛否あると思う。

ただ、この手法でショートが出来ないという訳ではなく、以前と同じように狙っていけるが、1つに絞ったほうが結果が出易いと思ったのかもしれない。メインの時間が1時間足に変わったことで、トレード回数が増えたので、ロングだけにしても問題はないし、迷うことなくトレードができるというメリットもある。

もちろん、チャンスを増やすために、ショートも覚えたいのであれば、ロングの形を反対にすれば、ぷーさん式 輝の形になる。

どちらも大切なのは、毎回同じようにトレードをし続けられるかだ。

2-6.ブレイク後、反発を見ずにエントリー

ブレイク後、反発を見ずにエントリー

上述したが、過去バージョンでは、レジサポを抜けた後に、一旦レジサポ付近でローソク足が止まるのを確認してから、IFDONE OCO注文を入れていたが、新しい方では、ブレイク後すぐにIFDONE OCO注文を入れるようになった。

これによって、指値に掛かりやすくなったと言える。ただ、一気に戻されて、騙しと呼ばれるものに掛かる事もある。

これには正解が無いので、反発を待ってエントリーしても良いし、ブレイク後直ぐにエントリーも可能だ。パフォーマンス全体を見ると、ブレイク後直ぐにエントリーしても、数字が悪いという感じはしないだろう。

3.以前のバージョンと変わらないこと

次に、以前と変わらないことをまとめていく。

3-1.トレンド転換の5点目だけを狙う手法

トレンド転換山の波形

根本的なトレード方法は、何も変わっていない。

「下降トレンドから、上昇トレンドになる所」「上昇トレンドから、下降トレンドになる所」だけを狙っていく。

なぜこのポイントに優位性があるのかというと、意識されている価格(ライン)を抜けることで、ストップ注文と、買いの注文が入り易くなるからだ。つまり、反対のポジションを持っていたトレーダーがパニックになりポジションを投げ、尚且つ、新規の買い注文が入るポイントなので、エントリーした方向に伸びる確率が高くなる。

そもそも、波形ができるということは、その価格で売買をされたというエビデンスになっている。

トレンドフォローと聞くと、トレンドが完成した後の押し目・戻りで入る人が多いが、1番伸びやすいのは、トレンドが転換した瞬間になっている。なので、このトレード方法には、他のトレーダーの行動を含め、優位性があるという事が言えるだろう。

このポイントだけを狙うので、ピラミッティングはしない。

3-2.一切インジケータを使わないシンプルチャート

ぷーさん式 輝の特徴といえば、インジケータを全く使わないことだろう。これは以前のバージョンから変わらない。多くのトレーダーが愛用しているであろう、移動平均線やMACDといったものも入れず、ローソク足とレジサポラインだけを見てトレードをしていく。

それと、波形を見るトレードなので、インジケータを入れても意味が無いとも言える。

例えば、トレンドフォローをしようと思って移動平均線を3本(20・50・100)入れたとしよう。その時に狙うのは、移動平均線がクロスした後の、ゴールデンクロスやパーフェクトオーダーの押し目・戻りになるだろう。

だが、ぷーさん式 輝では、もっと早くエントリーをしているので、他のトレーダーが入ってくる頃には、既に勝負が着いている事になる。

3-3.本当は、どの時間足でも狙えるスタイル

新旧のコンテンツを含め解説では、4時間足や1時間足を使っているが、本当はどの時間足でも狙っていけるトレードスタイルだ。時間足を変えたからといって、優位性が無くなる訳ではないし、2018年バージョンでも4時間足を使っても問題は無い。

これはトレードする人の、ライフスタイルだったり、どのくらいの自由度が欲しいかによって変わってくる。チャートを見たくなければ、中長期足を使えばいいし、早く決着をつけたければ、短期足を使うという事になる。

下にある2枚のチャートを見て頂きたい。

<GBPUSD15分足>
ぷーさん式輝 15分足

<GBPUSD4時間足)
ぷーさん式輝 4時間足

時間足を変えても、狙う形は変わらない事を分かってもらえたはずだ。

チェック!

為替相場はフラクタルに動いており、チャートの形というのは、規模を変えて同じような物を形成する。なので、15分足でできた波形というのは、2時間足でもできるし、日足や週足でも作られる。つまり、エントリーするポイントに優位性があれば、どの時間足でもパフォーマンスに大きな差は無い。ただし、全体のバランスを考えると、8時間足以内にする事をオススメする。

3-4.自由度の高い「IFDONE OCO注文」を採用

ぷーさん式 輝のエントリー方法は、IFDONE OCO注文を使っていく。

これは、エントリー時に、指値(ストップ・リミット)を同時に入れるトレード方法になる。これをする事によって、注文さえ入れてしまえば、その後はチャートを見る必要もないし、ほったらかしにできるというメリットがある。

注文方法も簡単で、約定したい価格で右クリックするだけだ。

FXなんて、チャートをずっと見ていても、結果に変わりはないので、それならノンストレスのIFDONE OCO注文を使うべきだろう。

さらに、成行エントリーだと、約定時にスプレッドも入って、中途半端な所でエントリーするのを防ぐ事もできる。IFDONE OCO注文では、引きつけた所にポジションを持てるので、ストップ幅も余裕を持たせられる。

時間足を自由に選べて、チャートチェック時間も短いことから、“自由度”が高くなる。

上述したが、1時間足でないとトレードできないという決まりはなく、自分の好きな時間足でトレードできるので、ご自身のライフスタイルに合わせて時間足を選べる。自由度を高くするのであれば、長期足にすればいいし、短期売買が良いなら、短期足を使おう。

ただ、短期足で売買を繰り返すよりも、中長期の方がメリットは多い。

3-5.トレードがシンプルで、28通貨ペアを見る時間は約3分

ぷーさん式 輝では、単一時間足しか使わないので、トレード方法は必然的にシンプルになってくる。さらに、インジケータも使わないので、チャートも見易く、マルチタイム分析といったこともしない。

例えば、これらの組み合わせで、28通貨ペア見たとする。

  • USD
  • CAD
  • JPY
  • AUD
  • GBP
  • EUR
  • NZD
  • CHF

それでも、チャートチェックは3分程で済む。

チェック!

どの通貨でもそれほどパフォーマンスに影響は出ない。さらに、日経先物225などの、他の投資対象にも使う事ができる。キレイな波形だけを狙っていきたいので、見ている通貨ペアが多いことに越したことはないだろう。

4.ぷーさん式 輝は今後も使える手法なのか?

最後に、ぷーさん式 輝は今後も使えるトレード方法なのか?という事をまとめていく。どれだけ優れた手法であっても、その場だけだったり、長く使えないものを身につけても、意味が無いからだ。どうせならば、これだけ覚えれば後は何も必要のないというのが、1番理想の
トレードだろう。

結論を先に言っておこう。ぷーさん式 輝のトレードは今後も使える。

勿論、未来のことなので断言や予測は出来ないが、今後もずっと変わらないはずだ。なぜなら、「人が行動する所と、パニックになる所は、変わることがないから」という理由だ。

波形ができるというのは、他のトレーダーが何かしら意識をして、そこで売買した証になる。つまり、注文が入ったポイントで、それを抜けてくるようであれば、当然パニックになるトレーダーと、反対にそのトレンドの乗ろうとするトレーダーが出てくる。

その行動が変わることはない。つまり、「人の気持ちは変わらない」という理由だ。 反対、これさえ身につけてしまえば、これからずっとFXをやっていける自信がつくとも言える。

もし、このトレードを覚えるのに3年かかったとしても、この後30年使えるトレードなら、費用対効果の良い物になる。もちろん、人によっては1年で覚えるかもしれないし、半年でパフォーマンスが安定するかもしれない。この辺は、個人の練習量で変わってくる。

5.まとめ

恐らく、ぷーさん式 輝はこの後もバージョンアップをしていくだろう。その時はこのページも随時新しい情報を更新していく。

今回の変更点をまとめると、

  • メインの時間足が1時間にチェンジ
  • リスクリワード(報酬比率)1:1
  • 勝率は、60%前後を狙うスタイル
  • Forex Tester2で実践向け解説に変わった
  • ロングのみに特化したトレードに変更
  • ブレイク後、反発を見ずにエントリー

以上の6つが変わったポイントになる。

ぷーさん式 輝
無料EBook:SIMPLICITY TRADE FX 勝率60%1日10分のシンプルトレード

真っ白なチャートと、ローソク足だけを使ったトレード方法を解説したEBookをまとめました。チャートをごちゃごちゃにしているインジケータを捨てて、もっとシンプルにFXをやってみませんか?

このトレードの特徴は、勝率60%1日10分チャートを見るだけの方法です。

・真っ白なチャートとローソク足だけのシンプルトレード
・20年分16通貨ペアを検証済みで再現性が高い
・順張り・逆張りのオイシイ所だけを狙っていく手法

など、普段インジケータのトレードにハマっている方にこそ読んで欲しいと考えています。分かりずらい所は、動画ウェビナーを10本収録して解説をしました。

基本に忠実で地味ですが、パフォーマンスは出ます。

ミセスワタナベ.JP